b-mobile IIJmio 格安SIM最新情報

【2017年8月2週】格安SIM通信速度テスト・ユーザー軽視のMVNEってどうなの?

投稿日:

どのMVNOも概ね及第点でしたが相変わらずnuroモバイルとb-mobileは良くないですね。

bモバは先週劇的改善、ソフトバンク音声通話SIMの解禁が目前ともあって「おっ、そろそろMVNOに本気になる?」と思ったのですがまた逆戻り、どうしたんだろうこのMVNOふたつは。。

ちょうど世の中お盆休みでもありスマホを使っている人が多いのでしょうか、普段と比べて突出して高速発揮したMVNOはありませんでした。上位常連のLINEと楽天モバですら5,6Mbpsの結果。

とはいえこんな繁忙期でもしっかりと2,3Mbpsを出しているMVNOが多いのは嬉しい限りです。

計測日時:2017年8月13日 16:40-17:15

 PING(ms)ダウンロード(Mbps)アップロード(Mbps)
IIJmio91/973.18/3.171.15/0.70
OCNモバイルONE62/682.45/1.580.88/0.57
FREETEL89/923.46/3.860.90/1.17
LINEモバイル72/785.78/3.870.64/0.33
mineo119/1213.81/2.671.01/0.98
DMMモバイル104/1122.11/2.361.44/0.85
イオンモバイル98/912.47/2.471.10/1.21
nuroモバイル77/810.89/0.840.12/0.26
楽天モバイル57/545.42/7.000.68/1.05
U-mobile78/743.54/3.090.54/0.35
DTI79/634.07/3.830.0/0.16
b-mobile39/330.95/0.940.55/1.08

スポンサーリンク

ユーザーを見ていないMVNEにMVNOは無理?

冒頭の通りnuroとbモバの体たらく具合にはガッカリです。運営会社であるソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社と日本通信はMVNEとしては一流。しかしユーザー向けのMVNOではこの有り様。

法人相手のMVNE事業の方が収益性が高いのは想定できるが評価するのはMVNOのユーザーなのに、どうなの?って思います。

一方で全てのMVNEがそういうワケではなくちゃんとMVNO事業に力を入れているMVNEもいるのですよ、それがIIJ。

IIJはIIJmioユーザー向けのイベント「IIJmio meeting」を定期的に開催しエンドユーザーとの接点を大事にしている。

勿論参加したユーザーから得られる情報と宣伝効果が彼らにとっては貴重なのでしょうけど「中の人」とコンタクトできるイベントにはユーザーからも大満足。実際に私も何度か参加していますが毎回テーマも異なっていてIIJの「ユーザー視点」が感じられるイベントなのです。

IIJがMVNEとして順調なのもお膝元のIIJmioをしっかりやっているからだと思うのですよ。

ソフトバンクSIMを扱うb-mobileには再起を期待

8月15日にbモバからソフトバンク音声通話格安SIMが発売されます。ソフトバンクユーザーが待ちに待った格安SIMの登場、これを機に多くのユーザーを獲得するでしょう。

だからこそbモバには既存サービスであるドコモ系サービスもしっかりとケアして欲しい。そうでないと格安SIM、格安スマホの普及に支障をきたす可能性があるから。

「なんだ、格安SIMってやっぱりキャリアには敵わないのか。だったらそのままでいいよ。」せっかく格安SIMに興味を持った人がそうなるのがもっとも不利益なのです。

日本通信さん、どうかユーザー視点で頼む!

-b-mobile, IIJmio, 格安SIM最新情報
-,

Copyright© シムモビ , 2017 All Rights Reserved.