格安SIM最新情報

【2017年7月2W】格安SIM通信速度テスト・爆速王LINEモバイル凄し!扱い「SIMのみ」のDTIが良い

更新日:

ホントどうなっているのかLINEモバイル、マジで速いなぁ。。今回LINEモバイルだけが10Mbpsオーバーして他のMVNOを圧倒、爆速王に任命することにしました笑。
(※ご注意:管理人の自宅での測定値なので速度がいくら出ている云々ではなく他のMVNOとの相対比較としてご参考下さい)

それに次ぐのが安定性抜群のマイネオ、珍しく?OCNモバイルONEが3位に入り楽天モバイルが平均3.5Mbpsで続く。初代爆速王のフリーテルの低迷が気になるけど1Mbpsは超えているのでまぁ及第点か。

計測日時:2017年7月9日 15:58-16:20

 PING(ms)ダウンロード(Mbps)アップロード(Mbps)
IIJmio138/1372.51/2.302.18/2.60
OCNモバイルONE53/514.89/6.252.83/2.18
FREETEL65/891.30/1.472.08/1.65
LINEモバイル36/3819.83/15.390.68/0.57
mineo77/817.36/8.703.31/2.82
DMMモバイル138/1372.18/2.633.19/2.77
イオンモバイル132/1382.35/2.021.98/2.30
nuroモバイル62/720.93/1.011.66/1.37
楽天モバイル72/393.57/3.760.59/0.77
U-mobile115/1192.76/3.750.43/0.43
DTI91/922.60/2.510.42/2.09
b-mobile38/360.65/0661.43/1.74

スポンサーリンク

スマホなんて余計!?格安SIM単体のみを提供するDTIが気になる

最近気になるMVNOがDTIです。運営会社の株式会社ドリーム・トレイン・インターネットはフリービット株式会社の子会社のひとつでBtoCに特化したISP事業をメインに展開する企業。

このDTIの特徴といえば最近のMVNOでは珍しく格安SIMのみの提供しかやってない点。そうなんです、DTIはスマホを販売していません!!

実は格安SIM黎明期にはどのMVNOもSIMだけの扱いだけだったのにいつのまにかスマホセットのプランが主流になってきた。まぁ格安SIMだけのサービスだと他社との差別化が難しくなったことは容易に想像できますけど。

私が初めて参加した2年半前のIIJmio meetingで「IIJmioはスマホの販売には興味がありません」「扱う予定もありません!」と中の人が言い放ったことは今でも鮮明に覚えています。

ところが今現在どうでしょう、IIJは勿論のこと大半のMVNOがSIMとセットでスマホを提供している。更にはMVNOながら端末の保証オプションをメニューにして...そこまでやるの?な印象が正直する。

しかしここまでサービスを広げないと他社と差が出ない、ユーザーを獲得できない、収益を拡大できない、、激しい競争時代に入った昨今のMVNO業界なんでしょう。

でDTI、こんな状況でもSIM単体のサービスです♪

ISPとして一本筋が通っているというか、やったことのない事業サービス(物販=スマホ販売)には手を出さない、余計なことはしない?スタイルがとても好印象なんですよねー、通信速度テストでも堅調でMVNOとしてやるべきことしっかりやってる、そんな評価です。

結果、DTIの公式サイトは見やすくてプランも分かりやすいんですよ。また私はサービス約款に必ず目を通すのですがDTIは当然ながらシンプルで理解しやすい。

一方で他MVNOのスマホセットの約款は複雑すぎるのです。読んだことあります?MVNOの約款。特に端末保証オプションのそれなんて何度読み返しても意味不明ですから、マジで(汗)。

露出の少ない?DTIですがしっかりとしたMVNOです。料金プランも良心的。もしあなたが格安SIM単体で検討しているなら是非候補に含めてはいかがでしょうか。

>>DTI公式サイトへ

-格安SIM最新情報
-

Copyright© シムモビ , 2017 All Rights Reserved.