格安SIM最新情報

家族みんなでスマホ!格安SIMのシェアプランで賢く節約!!

投稿日:

iPhoneでもXperiaでも何でもいいんですけど現在ドコモでスマホを契約すると最低6,000円/月は掛かります(端末代含まず)。

例えば4人家族でみんながドコモのスマホを契約すると6,000円×4=24,000円になるんですね、これちょっと異常値じゃないですか??

月に24,000円ったら大金ですよ!数年使うことを想定したら軽自動車買える金額です!!エンゲル係数ならぬスマホ係数異常値ですわ、マジで。

管理人
我が家では決して許されませんね...
シムモビ
家庭があると大変ですね・・・
管理人
なっ?!小僧のあなたに言われたくありませんから!!

ドコモ、au、ソフバンの大手キャリアは総務省から散々指摘があってから新プランをリリースしていますがやっぱり本質は変わっていない。あくまでも通信費は高く維持、2年契約を条件に通信費を割引してそれを端末代金月額から値引いたように見せる手法、実質○○円!みたいな。まぁ全国に店舗をもつ大手キャリアだけに仕方ないのだけど...

実は家族でスマホやタブレットを複数台持つ場合、格安SIMを利用して賢くそして安く済ませる方法があります。

パパ&ママ必見!格安SIMで複数台のスマホを安く、そしてお得に契約する方法

格安SIMの料金の基本的な考え方としてデータ容量ごとにプランが複数あってそれぞれ月額が異なります。当然ながら毎月の容量が大きくなるほど高くなります。で、一般的なスマホユーザーの毎月の平均データ使用量は3GB、データ容量3GBで音声通話付きだと月額1,600円前後で契約することが可能なんですね。

この時点で大手キャリアの6,000円と比較すると既に4,000円もお得な格安SIMですが、家族で複数台のスマホを持つ場合にはもっとお得な方法があります。

複数のSIMを契約できるシェアプランを利用すべし!

格安SIMにはひとつの契約で複数のSIMを契約できるプランが存在します。MVNO(=格安SIMの事業者)によってサービス名が違ったりしますが「シェアプラン」と呼ばれていることが多い。

ここでシェアとは「分け合う」の意味。
何を分け合うのかというとデータ容量になります。要は複数枚のSIMを追加してひとつの契約・プランのデータ容量を分け合って利用することが可能なんです。

このシェアプランを上手く利用することで複数のスマホをお得に契約できるのですよ。

シムモビ
ひとつの契約のデータ容量を複数のSIMカードで分け合ってつかう方法がシェアプラン!

複数SIMでデータ量のムダをなくして毎月の出費を更に抑えよう!

仮に3GBの音声通話SIM1,600円を4人家族みんなで各々契約すると毎月の合計額は6,400円になります。繰り返しますが大手キャリアと比べるとこれでも十分に安いんですよ、

しかし「本当に皆が毎月3GBを使うの?」という疑問点もあります。
例えば平日仕事をしているパパとママが毎月3GB本当に使うの?自宅にはWi-Fiがあるよね?自宅と学校の生活が大半の中学生の子供がそんなにスマホ使うの?って話しです。

格安SIMは余ったデータ量は翌月まで繰越されるのが大半ですが、そもそも利用量が少ないのであれば3ヶ月目には消滅するので勿体ないだけ。

であればもっとデータ量の少ないプランで各々契約すればいいじゃん!となりますが、仮にそのプランでデータ量を使いきった場合には1990年代のガラケー並みの通信速度(200kbps)になってしまいスマホとして機能発揮できません。またデータの追加購入も可能ですがどのMVNOもとても割高なので要注意です。

ここで1つの契約プランのデータ量を複数SIMで分け合うシェアプランが強みを発揮します。

家族みんなで1契約のデータ容量を分け合うべし

1人だけ、例えばパパがシェア元になる契約をします。

それも平均的な3GBではなくて家族みんなで使うであろうデータ容量のプランを見越して契約するんです。MVNOとプランによってデータ量は異なりますが、4人家族だとしたら月に8GBから10GBあれば足りるのでは?

・パパ 2GB~3GB
・ママ 2GB~3GB
・長男(高校生) 1GB~2.5GB
・長女(中学生) 1.5GB未満 合計データ容量:10GB

こんなデータ容量の利用イメージ。この場合、パパをデータ容量10GBの契約にしてオプションでSIMカードを追加します。

SIMカードを追加すると毎月のスマホ代はどうなるの?

データ容量が10GBの音声通話プランの月額はMVNOによって異なるものの概ね3,000円から3,500円。この家族の場合SIMカードは追加で3枚、これによってSIMカード1枚あたり400円程の月額費用が発生。さらに音声通話機能のSIMカードであればプラス700円の1,100円が一般的なSIMカードの追加月額料金(一般的なMVNOの料金です)。

音声通話SIMが月に1,100円、3枚追加で3,300円となってパパの10GB契約3,500円との合計で月額6,800円。

何度も言いますがこれでも大手キャリアの24,000円と比べると安いのです!!しかし音声通話SIMの3GBを各々契約したとしたら月額1,600円なので単純に4倍で6,400円となり逆に割高な計算となります。

だったら家族4人で個別プランで契約すればいいじゃない!となりますが、それよりももっといい方法があるんです!!

SMS機能付きデータ通信SIMを上手く使おう!

SMS機能付きデータ用SIMを積極的に使いましょう!

実は追加できるSIMカードは音声通話SIMに限ったことではありません。
先ほどの4人家族の場合、中学生の長女に音声通話SIMは必要?家族と会話であれなLINEの無料通話機能だとかIP電話アプリで050番号を使ってはどうなの?

SMS機能付きSIMであればLINEのIDが新規取得が可能です。また多くの通信キャリアが提供しているIP電話サービスも利用できます。IP電話サービスは月額無料のプランもあるし...

音声通話SIMの追加で月額1,100円が発生しますが、SMS機能付きSIMだとSIM代400円にプラス120円の1枚あたり520円。1人分のSIMをSMS機能付きデータ用SIMにすることで各々個別で契約するよりも安価に済ませます。

管理人
全てが音声通話SIMカードでなくてもいいんだよ...

個別で各々契約する場合

以下の料金試算は信頼&実績No1のIIJmioのケースです。

  • 音声通話付きSIM データ容量3GBプラン:900円/月+700円/月=1,600円/月

4人家族合計で6,400円/月。

シェアプランで音声通話とSMS機能付きSIMを追加する場合

  • 音声通話付きSIM データ容量10GBシェアプラン:2,560円/月
  • 追加SIM 音声通話機能付き:700円/月*3枚=2,100円/月 パパ&ママ&長男(SIMカード3枚)
  • 追加SIM SMS機能付きデータ用SIM:120円/月 長女(SIMカード1枚)
  • SIMの総枚数が1プランで4枚以上なので4枚目のプラス400円/月(IIJmioのファミリーシェアプランは4枚目のSIMから月額料金が発生します)

合計で5,180円。先ほどの個別で契約するよりも月に1,220円安くなります!

既にお気づきかと思いますがSIMの追加枚数は家族人数に限ったことではありません。IIJmioはファミリーシェアプランでSIMカードを最大10枚まで追加が可能です。

たとえば家族共用でタブレットがあるとか、地方にいるおじいちゃん、おばあちゃんにLINE用のスマホを渡すとか。。そうやってスマホが増えれば増えるほどデータ容量のシェアプランのメリットが出てきます。

下のスクリーンショットは管理人のIIJmioのシェアプランの請求書。元となる契約が10GBファミリーシェアプラン、管理人と長女が音声通話SIMで次女と長男にSMS付きSIMを契約しています。

高校生の長女は音声通話SIMでふつうに大人待遇。下の子供2人にはSMS機能付きSIMでLINEの利用がメイン、会話したい時でもLINEの無料通話で十分なんですよねー。

管理人
4台のスマホを月5,000円内(税別)で使ってますから...

家族みんなスマホを持っても節約できる!複数SIMを追加できるシェアプランがあるMVNO

家族が複数台のスマホを持つ場合、みんなが便利に利用しながら節約できるシェアプランがあるMVNOをご紹介します。MVNOによってSIM枚数の制限やら個別の価格の設定があるのでよーくチェックしておきましょう!!

IIJmio

容量別にミニマムプラン(3GB)、ライトプラン(6GB)、ファミリーシェアプラン(10GB)があって各々追加できるSIMカードの上限は2枚、2枚、10枚。

ファミリーシェアプランは4枚目以降の追加SIMに400円/月、またSMS機能はSIM毎に120円/月、音声通話はSIM毎700円/月が発生します。

このIIJmioの特徴はファミリーシェアプランで最大10枚のSIMを契約できること。
スマホに限らず、タブレットやゲーム機にもSIMを使って無駄なくデータ容量を利用できます!

IIJmioの追加SIM料金

初期費用

  • SIMカード1枚:2,000円

月額

  • データ専用SIM:400円/月(ファミリーシェアプランは3枚目まで無料、4枚目以降で費用発生)
  • SMS付きデータ専用SIM:540円/月
  • 音声通話付きSIM:1,100円/付き

>>IIJmio公式サイト

OCNモバイルONE

最大5枚までSIMの契約が可能(プラス4枚の追加が可能)な「容量シェア」。OCNモバイルONEではどのプランでも5枚までSIMを追加できます。

初期費用がやや高めか。

OCNモバイルONEの追加SIM料金

初期費用

  • データ通信専用SIMカード&SMS対応SIMカード:1,800円
  • 音声通話付きSIM:3,000円

月額

  • データ専用SIM 400円/月
  • SMS付きデータ専用SIM 520円/月
  • 音声通話付きSIM 1,100円/月

>>OCNモバイルONE公式サイト

イオンモバイル

MVNOでは珍しいイオン各店舗でスタッフの説明を受けながら申し込みもできるイオンモバイル、豊富なプランが特徴です。

イオンモバイルの「シェア音声プラン」は1プランで最大3枚のSIMカードを契約できます。このシェア音声プラン、SIMカードの基本月額料が発生しません。というかシェア音声プランの月額に3枚分のSIMカードの基本月額が含まれているんですね。

よって追加するSIMカードが、SMS機能付きデータ通信用SIMであればプラス140円/月、音声通話SIMであればプラス700円/月が加算されます。

イオンモバイルの追加SIM料金

初期費用

  • SIMカード1枚:3,000円

月額

  • SMS付きデータ専用SIM 140円/月
  • 音声通話付きSIM 700円/月

>>イオンモバイル公式サイト

更にお得に契約を!シェアプランでSIMカードを追加する時の注意点

上記のとおりSIMカードを追加する際には初期費用(手数料)が発生します。それもSIMカード1枚あたり2,000円から3,000円と決して安くはありません。

シェアプランの契約、複数SIMカードを検討しているのであればMVNO各社のキャンペーンに注目しましょう!キャンペーンでは追加SIMの初期費用が無料になっていることが多いのでシェアプランのお得感が更にグッと増します!!

現在、OCNモバイルONEが追加SIM初期費用が無料、イオンモバイルが1円特価キャンペーンを実施中です。

-格安SIM最新情報
-,

Copyright© シムモビ , 2017 All Rights Reserved.