FREETELの評価と特徴・料金プラン

スマートフォンを自社で企画、設計製造し格安SIMと一緒に提供している「国産MVNO」FREETEL。

HUAWEIやらASUSといった同じSIMフリースマホを調達してセットで提供している他のMVNOと違い、その特徴的なスマホは魅力のひとつ。気になる通信品質、今どこのSIMが速いかと問われればシムモビではFREETELと回答します。ホントにFREETTELは速い!(2017年3月時点)

運営企業はプラスワン・マーケティング株式会社、以前は「フリモバ」ブランドでMVNO事業を展開していましたがNTTドコモとのL2相互接続を実現してFREETELを立ち上げました。

独自スマホと抜群の通信速度でおススメMVNOのFREETEL

自社開発のスマホ、安定的して速い通信性に加えて料金プランもFREETELは二重丸。データ容量によって異なる豊富なプランは最安データ通信専用SIMで月額299円から。

更に嬉しいのが特定のSNS利用時には通信パケットが無料になること!例えばLINEやポケモンGOを使っているときの通信はデータの消費をカウントしません、無料なんです!

FREETEL基本情報

  • MNO:ドコモ
  • 新規事務手数料:3,000円
  • SIM発行料:394円
  • 契約期間条件:単純解約の場合なし、MNP転出の場合は利用経過月数によってMNP手数料が発生。
  • 支払い方法:クレジットカードのみ
  • 余ったデータ:翌月まで繰越可能
  • 複数SIM:不可
  • メールアドレス付与:なし

FREETELの料金プラン

FREETELの料金プランは3種類、容量別の「定額プラン」と従量別定額制の「使った分だけ安心プラン」、あとFREETELのスマホがセットになった料金プランの「スマートコミコミ」。

スマートコミコミは機種毎に「定額プラン」と「使った分だけ安心プラン」があって料金プランが細かく分かれているのでFREETEL公式サイト料金表をご参照下さい。

【定額プラン】

高速データ通信容量 通話+SMS+データ通信 データ専用+SMS データ専用 初期費用
1GBプラン 1,199円/月 639円/月 449円/月 3,000円
3GBプラン 1,600円/月 1,040円/月 900円/月
5GBプラン 2,220円/月 1,660円/月 1,520円/月
8GBプラン 2,840円/月 2,280円/月 2,140円/月
10GBプラン 3,170円/月 2,610円/月 2,470円/月
15GBプラン 4,380円/月 3,820円/月 3,680円/月
20GBプラン 5,570円/月 5,010円/月 4,870円/月
30GBプラン 7,680円/月 7,120円/月 6,980円/月
40GBプラン 10,100円/月 9,540円/月 9,400円/月
50GBプラン 12,500円/月 11,940円/月 11,800円/月

【使った分だけ安心プラン】

高速データ通信容量 通話+SMS+データ通信 データ専用+SMS データ専用 初期費用
~100MBまで 999円/月 439円/月 299円/月 3,000円
~1GBまで 1,199円/月 639円/月 449円/月
~3GBまで 1,600円/月 1,040円/月 900円/月
~5GBまで 2,220円/月 1,660円/月 1,520円/月
~8GBまで 2,840円/月 2,280円/月 2,140円/月
~10GBまで 3,170円/月 2,610円/月 2,470円/月
~15GBまで 4,380円/月 3,820円/月 3,680円/月
~20GBまで 5,570円/月 5,010円/月 4,870円/月

FREETELの特徴・いいところ

ユーザーが格安SIMに期待するところを最も抑えているMVNOがFREETELです。価格も、期間条件も、通信速度もいまのところイチオシのMVNO。

最近では店舗展開も始めユーザー視点の運営は高評価。

特徴的な自社製スマホは人によって好みがあるでしょうから家電量販店などで実際に実機に触れることをお勧めします。自分に合わなければSIM単体で契約すればいいだけの話です。

特定アプリのデータ通信量をカウントしないカウントフリーはシムモビの知る限りOCNモバイルONE、LINEモバイルとこのFREETELのみ。他にBIGLOBEやDTIのSIMも同様の機能があるけどそもそも機能自体がオプションで追加料金が発生するので抵抗感が少々ある。

ダブル増速マラソン継続中!

毎週実施している通信速度テストではいつも上位にいるのがFREETEL、毎月2回行われている帯域強化の賜物でしょうか。

何度も言いますがユーザーにとって良いMVNO(格安SIMの提供者)とは、マメに帯域増強・ネットワーク増強を実施しているMVNOです。これを疎かにするMVNOはどんなに見栄えが良くても使い物になりませんので。

FREETELのデメリット

速くて安くて申し分ないFREETELですがひとつだけ不安なこと、それは運営企業のプラスワン・マーケティングのISPとしての実績が未知数なこと。

ドコモとのL2相互接続の実現によりPOIを含むコンロトールできる範疇が広がりましたが、逆にその先のインターネットへの接続をどのようにしているのか不明...

まぁこれほどまでに高速で繋がるので格安SIMとしては最高なのですけど、シムモビ的には気になるところです。

カテゴリ一覧

FREETEL IIJmio

FREETELが3月2回目のネットワーク増強完了でIIJmioを圧倒!が、しかし・・

フリーテルの3月2回目の回線増速が3月24日に完了した模様。シムモビでのスピードテストでは常に1,2位の通信速度を計測しているFREETEL、今回の効果は如何なものなか早速計測。 3月1回目増速後のシ ...

FREETEL

FREETEL「ダブル増速マラソン」・3月1回目の回線増強を完了

2017/03/12   -FREETEL
 

FREETELを運営するプラスワンマーケティングが3月1回目の回線増強完了を発表しました。FREETELでは毎月2回の回線増強工事実施を公言していて「ダブル増速マラソン」と呼んでいます。 FREETE ...

Copyright© シムモビ , 2017 AllRights Reserved.