格安SIMの基礎知識

SIMロック、SIMロック解除とは?

更新日:

ドコモ、au、ソフトバンクで契約した携帯電話・スマホはそのキャリアのSIMカードしか使えません。

仮に同じ規格のSIMカードで端末に挿入できたとしても、他キャリアの電波は受信しません。なぜならば携帯&スマホ端末に予めそのような仕掛けを施しているからです。

これをSIMロック、その端末のことをSIMロック端末といいます。

SIMロックは、ユーザーの利便性を損なう一方で特定キャリアへの依存度を高める原因のひとつ、その結果携帯スマホの維持料金が高額になる要因として問題視されていました。

国内大手キャリアの2年縛り契約はこのSIMロック端末ありきの契約ですから。

2015年5月、SIMロック解除義務化

総務省は2015年5月以降に販売される端末に対してSIMロック解除を義務化しました。ある条件を満たせば端末に仕掛けてあるSIMロックをユーザーの意思により解除できるのです。

SIMロック解除のメリット

このSIMロック解除のメリットは、

契約都度いちいち端末を購入する、更新する必要がないこと。

これにピンと来ない人は大手キャリアへの依存度が高いかも...(笑)。

大手キャリアの契約はSIM契約と端末契約(割賦)の2本立て。使える端末が手元にあればわざわざ新しい端末を購入する必要などないのです。

例えば今あなたの手元にSIMロック解除済みのiPhoneがあったとしましょう。
あなたは格安SIMを契約してSIMをその端末に挿入することでそのiPhoneを再び利用することが出来るのです。

お父さんが使っていたドコモのiPhoneがあった。それをSIMロック解除してau系の格安SIMを契約し子供が再利用する、こんなことも可能なんですね(iPhoneの場合に限る。他のスマホは仕様による)。ムダにスマホを買い替える必要はありません。端末代の節約になります♪

SIMロック解除・大手キャリアの条件

大手キャリアのSIMロック解除条件を記載します。
どのキャリアもWEBからの申し込みで無料、ショップの申し込みで3,000円の事務手数料が発生します。

ドコモ

  1. SIMロック解除対象機であること(ドコモの公式サイトより対象機の確認が出来ます。SIMロック解除対応機種および対応周波数帯
  2. ネットワーク利用制限等ロック対象でないこと(←何かトラブルに関わった端末ではないよね、って意味です。こちらのサイトから対象機かどうか確認できます)
  3. 購入者本人の端末であること
  4. 端末購入日から180日以上経過していること
  5. 解約日から3ヶ月以内であること

au

  1. 2015年5月以降にauより発売されたSIMロック解除対象機であること(auの公式サイトより対象機の確認ができます。SIMロック解除が可能なau携帯電話などの実装周波数帯一覧
  2. 機種購入日から181日目以降であること
  3. ネットワーク利用制限中のau端末でないこと

ソフトバンク

  1. 2015年5月以降に発売された機種で購入日から181日が経過していること
  2. 解約済みの場合は解約日から90日以内で契約していた本人の申し込みであること
  3. 故障していないこと・ロック機能が無効であること
  4. ネットワーク利用制限製品でないこと(詳細はソフトバンク公式ページへ→中古携帯電話を利用する際の注意事項を確認する / ネットワーク利用制限

契約してから6ヶ月経過すればSIMロックを解除できます。この時当然ながら割賦契約の残債も全て支払う必要がありますのでご注意を。

シムモビ
もしSIMロック解除していないドコモのスマホにau系の格安SIMを挿したらどうなるの?
利用する周波数帯が異なるのでネットは繋がったり繋がらなかったり。それと音声の通信方式が違うので端末の仕様にもよるが通話は出来ないと思って。
管理人

-格安SIMの基礎知識
-,

Copyright© シムモビ , 2017 All Rights Reserved.