格安SIMの基礎知識

格安SIMと格安スマホの組み合わせでようやく格安になります

投稿日:

格安SIMを格安スマホで利用するからトータルで格安になるのです。

誤解して欲しくないのは格安SIMを例えばiPhoneのSIMフリー版で使おうとするとそれほど格安ではありません。何故ならばiPhoneのSIMフリー版は非常に高額だからです。(個人の感覚によりますが私は高額だと思います...)

格安SIMを契約して音声通話機能付きで月額1,500円程度になったとしましょう。
ところが端末をiPhone6s Plusにする場合、89,800円(税別)で購入せねばなりません!!

どうですか?折角通信料を毎月1,500円に抑えたのにスマホが高いと格安SIMの恩恵が薄れますよね?

格安SIMを使う場合には格安スマホ選びも重要!

日本国内ではこれまで大手キャリア各社が担いでいる端末から選択するしか手段がありませんでした。キャリアのSIMはそのキャリアが販売している端末でないと使えないのです。これがSIMロックです。

しかしMVNOの格安SIMであればその制約はありません。どのキャリアのMVNOなのかによって制限はありますが、原則SIMフリー端末であれば何でも使えるのです。

多くのメーカーがSIMフリー端末を発売

現在多くのメーカーがSIMフリー端末を発売しています。
家電量販店に行くと一目瞭然!ホント多くのSIMフリー端末が店頭に並んでいます。格安SIM利用者の増加の裏づけですね。

一般的に日本国内で販売されているSIMフリー端末の多くは海外メーカーのものです。ソニー、富士通、シャープといった国内メーカーのSIMフリー端末は最近ようやく出てきました。

主なSIMフリー端末メーカー

  • ソニー
  • 富士通
  • シャープ
  • Apple
  • HUAWEI
  • ASUS
  • Google
  • ZTE
  • プラスワンマーケティング

価格は10,000円程から、スタンダードな機能であれば30,000円前後で十分なSIMフリー端末

SIMフリー端末は、安いものだと10,000円ほどで購入が可能です。当然ながら高機能だったり見た目がカッコ良かったり、そういう端末は高価になります。

人気のSIMフリー端末の相場は30,000円前後のもの。
色々見ているとこれぐらいの価格の端末が必要最低限な機能で見た目も納得できる商品が多いです。まぁこればかりは人の好みになりますが。。

格安SIMには格安スマホを・ポイント

おススメの方法は家電量販店で実機を手にとって確認すること。

ネットでも購入できますが、スマホはそんなに買い換えるものでもなく最低でも数年は利用しますからじっくりと納得できるものを選びましょう。

-格安SIMの基礎知識

Copyright© シムモビ , 2017 All Rights Reserved.