格安SIMの基礎知識

iPhoneを格安SIMで使う方法

更新日:

格安SIMでiPhoneを利用するには以下の4つ方法があります。

  1. 手持ちのiPhoneをそのまま使う(SIMロック解除しない)
  2. 手持ちのiPhoneをそのまま使う(SIMロック解除する)
  3. 白ロムiPhoneを購入して使う
  4. SIMフリーiPhoneを購入して使う

ここで「手持ちとのiPhone」とは、今現在ドコモやau、ソフトバンクの大手キャリアで契約中のiPhoneや、何かしらの理由、例えば家族の誰かがが機種変更して余ったiPhoneのことを意味します。また白ロムとは中古、中古のiPhoneを調達する方法もあります。

シムモビ
やっぱりiPhoneでしょ、使い勝手最高!
管理人
否定はせんけど...。アンドロイダーな私な...
シムモビ
でも幾つか方法があるんだね、、難しくない?
管理人
これから説明するけど決して難しくはない。自分に合う方法でやればいいよ

格安SIMを使ってiPhoneの毎月の通信費を安くしよう!

以下に4つの方法を詳しく説明します。

①手持ちのiPhoneをそのまま使う(SIMロック解除しない)場合

これが一番安価で手っ取り早い方法です。今持っているiPhoneをSIMカードの差し替えだけで格安SIMで利用できます。

ただし制限されることが1つ、いま契約してるまたは以前契約していた大手キャリア(ドコモ&au)のMVNOでないと使えません。

SIMロック解除をしないのでそのiPhoneは元の大手キャリアのSIMカードしか認識しないように設定されています。よってドコモで契約したiPhoneであればドコモ系のMVNOのSIM、auで契約したiPhoneならau系のMVNOのSIMを契約する必要があります。

またソフトバンクで契約している、していたiPhoneは「そのまま」では格安SIMでは利用できません。理由はソフトバンクのMVNO(格安SIMの事業者)は今現在なくて格安SIMも当然販売されていないから...。残念ですがソフトバンクのiPhoneを持っている人は②以降の方法で行きましょう。

あと機能面で以前は出来たけど、出来なくなることもあります。主にアンテナピクトの表示です。これについては各MVNOが端末ごとに動作確認を公開しているのでご参照下さい。

ポイント

  • ドコモで契約したiPhoneであればドコモ系、auで契約したiPhoneであればau系のMVNOの格安SIMで利用可能
  • ソフトバンクのiPhoneはそのままでは格安SIMで使えない
  • 機能に制限が発生する場合がある(主にアンテナピクト表示)

②手持ちのiPhoneをそのまま使う(SIMロック解除する)場合

①と違う点はSIMロックの解除を行うこと。これによって契約した大手キャリアに依存することなくiPhoneを格安SIMで使えるようになります。よってソフトバンクのiPhoneも格安SIMで利用可能になります!(※SIMロック解除したソフトバンクのiPhoneに対応している格安SIMはマイネオとUQモバイルです)

ただし、ひと手間掛かることになります。当然ながら契約していた大手キャリアにSIMロック解除を申し込む必要があるんですね。またSIMロックを解除できる条件もあるのでよーく確認しときましょう。

  • 2015年5月以降に契約したiPhoneであれば契約から181日以降

ユーザーの申し出によりSIMロックが解除されるのは2015年5月以降に販売、契約したスマホになります。これは総務省が義務付けたルール。

実はこの条件を満たすiPhoneは今(2017年3月1日)のところiPhone6s/Plusだけなんです。逆に2016年9月16日に発売されたiPhone7/7Plusは3月16日に181日を迎えます。もし発売と同時に大手キャリアと契約、iPhoneを入手した人であれば、あと2週間ちょっとでSIMロック解除が可能になるワケです。

  • 契約解約済みのiPhoneは解約後90日以内に本人の申し出が必要

SIMロック解除は契約者本人でないと申し込みできません。よって他人から譲ってもらったiPhoneはSIMロック解除不可です。

更に重要なのが機種変更などの理由で既に解約済みの端末であれば解約から90日以内に申し出をしないと二度とSIMロック解除は出来ません。「半年前にオヤジがiPhone6から7に機種変更したから残ったiPhone6をSIMロック解除すればいいんじゃん!それもらおー」としても出来ませんのでご注意を。

上記の2つの注意点を確認してiPhoneをSIMロック解除しましょう。で更に注意事項!SIMロックを解除する際、やり方によっては費用がかかります。。

  • ネットでのSIMロック解除は無料、店舗での申し込みは3,000円

これは解約した後では3,000円が発生することを意味します。理由は解約後ではネットで申し込みできないから。

ドコモであればマイドコモ、auはマイau、ソフトバンクであればマイソフトバンクがあり契約者本人がログインして契約内容や変更、請求書の確認ができるサイトがありますがSIMロック解除は契約中にここから申し込みましょう!解約後ではこの契約者サイトにログインできませんので。

格安SIMを利用するかしないかは別にして2015年5月以降に契約したのであれば速やかにSIMロック解除を申し込みしておきましょう。

ポイント

  • SIMロック解除できるiPhoneは6s/6sPlusのみ(2017年3月1日現在)
  • SIMロック解除したiPhoneは元のキャリアに関係なく格安SIMが使える(ソフトバンクで契約したiPhoneも利用できる)
  • SIMロック解除は2015年5月以降に契約したiPhoneが対象、今はiPhone6s/6sPlusが対象だが最短3月16日に7/7Plusが解除可能となる
  • SIMロック解除できるのは契約してから181日以後から
  • SIMロック解除は原則契約者本人しか申し込みできない
  • SIMロック解除は契約中にネット(契約者サイト)から行うと無料、店舗で申し込むと3,000円かかる
  • 解約済みのiPhoneは解約から90日以内に店舗でしか申し込めない

スポンサーリンク

③白ロムiPhoneを購入する場合

白ロムiPhoneとは中古のiPhoneです。

特徴としては①と似ているのですが「手持ちのiPhone」ではなく「誰かのiPhone」になります。誰かが何かの事情で売ったiPhoneが中古市場に売られているのが白ロムです。

白ロムiPhoneを買ったからといってそのiPhoneをSIMロック解除はできません。上記②にも書いていますがSIMロック解除は契約者本人の申し込みが原則です。よって元の契約の大手キャリアのSIMしか使えませんから格安SIMもドコモ系かau系に依存します。

例え白ロム通販で有名なネット通販サイト「イオシス」を見てもらえれば分かるのですが必ず「ドコモ」の中古機なのか「au」の中古機なのか記載があります。

白ロムiPhoneは誰かが売らないと当然販売されません。要は供給がまったく見えないんですね。また驚くほど程度の良いiPhoneが販売されていることもありますが価格もそれなりにします。ヤフオクなどネットオークションサイトで出品されているiPhoneも白ロムになります。

白ロムのメリットとしてはiPhoneに限らず自分の使いたい端末を選べることでしょうか。例えばSONYのXperiaは格安SIM向けのSIMフリースマホは1機種しか出てないのでどうしてもXperaiを使いたいという人は白ロム端末を探して購入することになります。

ポイント

  • あくまでも中古機である、品質が保証されない
  • 契約元のキャリア(ドコモかau)に依存するのでドコモで契約したiPhoneであればドコモ系、auで契約したiPhoneであればau系のMVNOの格安SIMで利用可能
  • 欲しい機種があるかどうか、価格が適正かどうか分からない

④SIMフリーiPhoneを購入する

これが最も安心な方法です。

アップルの公式サイトでSIMフリー版iPhoneを購入することができます。勿論最新のiPhone7も買えます。SIMフリーiPhone7/7Plusの最大の特徴がドコモ系でもau系でもどちらの格安SIMでも利用可能なこと、これは現在多くのSIMフリースマホが出ている中でとても珍しいこと!やっぱ技術的にも優秀なんですよね、Appleは。

iPhone7は72,800円、7Plusだと85,000円。また手数料無料の24回分割払いキャンペーンもやっています(2017年3月1日現在)。

金額だけを見ると結構するね、という印象ですが、これは大手キャリアで契約しても同じこと。iPhoneの値段はどこで買っても変わりません。ドコモ、au、ソフトバンクは自らの通信費の定価を高く設定して、そこから値引いて、それをiPhoneの24回割賦月額と重ねて「実質○○円!」とか意味不明なことをやってます。

繰り返しますがiPhoneの新品はどこで買っても値段は変わりません。

ポイント

  • 新品であるため最も安心
  • ドコモ系、au系どちらの格安SIMでも使える
  • 一括払いだと少々値が張る?

iPhoneを格安SIMで使う方法まとめ

個人的には新しいiPhone買っちゃうかなー、分割手数料も無料なので24回払いもでもいいかと。

多くの格安SIMはドコモ系なので正直なところSIMロックを解除するメリットもそれほどないかも。特にiPhoneに限っていうと6s/6sPlusしか対象機種でないし。SIMロックを解除して利用する方法は今後活用されるのでしょね。

ソフトバンクのiPhoneについてはSIMロック解除することで格安SIMで利用できるようになったのは嬉しい。ただ動作確認済みなのはmineoとUQモバイルの2つになりますのでご注意を。

白ロムはiPhoneというよりは他のスマホの場合によく使われます。上記のとおり「Xperiaのこれがいい!」などお気に入りの機種がある場合には白ロムスマホを調達するのもアリです。

シムモビおすすめ記事

U-mobileが3月22日よりソフトバンク回線を利用した格安SIMの提供を開始します。 先月ソフトバンクと日本通信のMVNOに関する記事「いよいよソフトバンク回線が格安SIMに登場する!」をアップし ...

格安SIMでiPhoneを利用するには以下の4つ方法があります。 手持ちのiPhoneをそのまま使う(SIMロック解除しない) 手持ちのiPhoneをそのまま使う(SIMロック解除する) 白ロムiPh ...

格安SIMは何故大手キャリア(NTTドコモ・au・ソフトバンク)と比べて安いのか? 期待はずれの回答かもしれません、この問いの最適な答えは大手キャリアが高すぎるだけです。 MVNOは自前の通信網を持っ ...

-格安SIMの基礎知識
-, ,

Copyright© シムモビ , 2017 AllRights Reserved.