格安SIMの基礎知識

050IP電話とは?従来の音声通話との違いと注意点

更新日:

先日IP電話のことを知らない友人がいたので基礎知識投稿。

自宅の固定電話でも携帯・スマホでもいいんですが050からはじまる番号で着信を受けたことありませんか?この050の発信者はIP電話を使っています。IP電話を契約すると050から始まる番号を付与されるからです。

IP電話はインターネット網を使った音声通話方式でVoIP(=Voice over IP)と呼ばれます。インターネットの仕組みのひとつなのでIP電話を提供しているのはISP(=インターネットサービスプロバイダ)が大半です。

一方で通常の音声通話、例えば固定電話だとか携帯スマホで090,080から始まる番号は音声専用の通信網を使っています。

自宅の電話であれば壁のモジュラージャックから外へ出て有線で音声通話網につながっているので分かりやすいでしょう。携帯やスマホから通話するときには3G通信網を利用して各キャリアごとの音声通信方式で発信しています。

シムモビ
IP電話はインターネット網を使った音声通話の仕組み、番号は050から始まる

スポンサーリンク

知らないと失敗するIP電話の注意点

このIP電話、利用の目的はズバリ通話に関わる料金を抑えることです。例えば携帯スマホから電話を掛ける(発信する)と20円/30秒かかります。高い。

意外と知られていないのがこの料金、格安SIMに関わらず大手キャリアも同じだということ。なんたらホーダイで中身が全く見えない大手キャリアの基本料金プランですが、通話料金の定価は20円/30秒です。

ドコモ、au、ソフバンも同じで20円/30秒が携帯スマホの通話料金
管理人

これがIP電話の場合だと8円/30秒になるんですね、5分の2です。その上に月額料金も安価(0円~300円ほど)で音声通話(080,090番号)を契約すると格安SIMでも最低1,000円以上の基本料金を抑えることが出来ます。

シムモビ
業界最安クラスDMMモバイルの音声通話1GBプランでも月額1,260円するよー

データ専用SIMをスマホに挿してIP電話を追加契約しておき「いざ」となれば通話もできるようにしているケースが最も多い利用シーンかと。

ここであえて「いざ」となればと書きました。

IP電話の最大の特徴であり注意点、それはインターネット経由の音声通話であること。従来の音声通信網ではないのです。よってネットへの接続状況が悪い状態ではまともに通話できませんし回線の混雑具合によっては通話が途切れるのです!

IP電話を通常の電話と同じような感覚で使うと失敗します。

自宅からのWi-Fi環境からであれば問題なく使えますが外出先からではネットの接続環境に依存するのです。それでも「いざ」という時に自分の電話番号をもって電話を掛けれる、受けれるようにしたいのならIP電話でもいいでしょう。

IP電話はおまけ程度の通話オプションです。音声通話の品質を担保したいのなら音声通話機能を持ったSIMを契約すべきです。

-格安SIMの基礎知識

Copyright© シムモビ , 2017 All Rights Reserved.