格安SIMの基礎知識

格安SIMが使えるスマホ端末、4つの入手方法

投稿日:

格安SIMを利用する場合、新規で端末を購入しなければならないのかというと一概にそうではありません。ここで格安SIMを使うための端末の入手方法についてご説明します。

最初に大事なこと、

格安SIMを利用するにはSIMロックが解除された端末(=SIMフリー端末)もしくは利用する格安SIMと同じMNOの端末が必要です。ここでMNOとは通信網の貸し手でドコモとauを指します。

シムモビ
格安SIM用に新しいスマホを買わなくてもいいんだ...

格安SIMが使える端末の入手方法

格安SIMに利用する端末は以下の4つの入手方法があります。

  1. SIMフリースマホを新規で購入する
  2. 手持ちの端末をSIMロック解除する
  3. 白ロム端末を購入する
  4. そのまま使う

1は新品、2,3,4は中古を使う方法になりますね。また1と3は端末を購入する方法で2,4は手持ちの端末を再利用する方法でもあります!

SIMフリースマホを新規で購入する

この方法で利用する人が最も多いのではないでしょうか?格安SIMの契約とあわせて端末も新規で購入するパターンです。いまでは家電量販店に行くとSIMフリースマホコーナーがあって多くの商品が出ていますしネットでも買えますしね。

ただドコモ系やらau系とかSIMのサイズなど、意外と専門知識が必要で面倒だったりするので「そんなの苦手だ!」な人にはMVNOのSIMとのセット販売がおすすめです。これだと間違いはありませんから。

メリットとしては最新モデルが利用できること、デメリットは当然ながら出費が伴うことです。上記のとおり多くの商品が出ているので価格はピンきりですけどね。。

手持ちの端末をSIMロック解除する

SIMロック解除とは、契約元の大手キャリアのSIMしか使えない・認識しない状態の端末(=SIMロック)を、どこのSIMでも使える状態(=SIMロック解除)にすることです。

総務省が2014年10月にSIMロックの解除を義務付けました。2015年5月以降に大手キャリアから販売された端末は契約から181日経過後、ユーザーからのロック解除の申し出があった場合にはそれに応えなければなりません。申し出によりそれまで特定キャリアのSIMしか使えなかった端末がSIMフリー端末に変わります。

ここ数年のスマホは特に優秀なので、買い換える必要がない、今ので十分な場合にはSIMロック解除でそのまま端末を利用しつづけるのもアリです。

このSIMロック解除が必要なのは端末を契約している大手キャリアとは異なる系列のMVNOを利用する場合です。例えば今現在はドコモでiPhoneを使っているがそれをマイネオのauプランの格安SIMで利用したい、逆に今auでXperiaを使っているがそれをIIJmioのプランDで使いたい場合です。

ロック解除はWebからの申請だと無料、ショップでの手続きは手数料3,000円が発生します。とはいえ新規で購入するよりは安価なので今後SIMロック端末を利用する人も増えてくるでしょうね。

スポンサーリンク

白ロム端末を購入する

白ロム端末は中古です。

キャリアとの契約を解約して残った端末が白ロムとして販売されています。中には発売されて間もない端末やら新品同様なものもありますが、それがどのような事情で市場で売られているかはあまり気にしないようにしましょう!笑

鋭い人はお気づきかもしれませんが白ロム端末はSIMロックが解除されてはいません。あくまでもキャリアとの契約を終えた端末、中古です。「それをSIMロック解除すればいいんじゃん!」とお考えの人もいるでしょうけど、SIMロックの解除は端末の契約者本人でしか出来ませんのでご注意を。

SIMロック解除されていないので白ロム端末はキャリアが制限されます。だからネットの白ロム販売サイトをみていただくと分かりますがドコモ系やらau系やらもともと契約していたキャリアが明記してあります。

ドコモの白ロム端末であればドコモ系の格安SIMが、auの白ロム端末であれあau系の格安SIMが使えるワケです。

白ロム端末のメリットはSIMフリースマホとして発売されていない端末を利用できること、これに尽きます。すでに国内スマホの定番となったSONYのXperiaシリーズで日本で公式に販売されたSIMフリー端末は1機種しかありません(XperiaJ1Compact)。しかし白ロムでは最新モデルのXperiaが売りに出ていたりします。

白ロム取り扱いショップでは海外で販売している端末の入手も可能。日本では発売されていないSIMフリー端末が出ていたりするので興味がある人は調べてみるのもいいでしょう。

管理人
白ロムは自己責任で!

そのまま使う

そのまま使うとは、手持ちの端末をSIMロック解除することなくそのまま利用する方法です。これが最も手間がかかりませんね。

理屈は白ロムと同じで同系のMVNOのSIMならそのまま利用できます。この方法はソフトバンクで契約している人は出来ません。何故ならば現在ソフトバンク系のMVNOは存在しないから。

「今のスマホが気に入っている!」「まだまだ使える!」「買うのがもったいない!」という人で同じキャリア系列のMVNO格安SIMを契約するのであれば、わざわざSIMロック解除する必要もありません。そのまま使いましょう。

実際に手持ちの端末が利用できるかどうか、機能に制限はないかなど、各MVNOの公式ホームページで確認できるので事前チェックをお勧めします。

端末の入手方法も様々!これも格安SIMのメリットです!!

どうしょうか?ご理解いただけたかなぁ。
格安SIMを利用する際の端末選びをまとめるとこんなカンジか。

  • 新品のスマホを使いたい!→SIMフリースマホを購入
  • もっと高性能なスマホが欲しい!使いたい端末がある!→白ロムスマホ(中古)を購入
  • 今のままで十分!端末を買う余裕がない!
    ・異なるキャリア系の格安SIMの場合→SIMロックの解除を行う
    ・同系の格安SIMの場合→そのまま使う(何もしない、SIMを挿しかえるだけ)

実は、端末選びにこんなにも選択肢があるのも格安SIMのメリットなんですね。端末と通信の契約の分離ですよ。

大手キャリアは半ば強制的に端末をパック販売してて通信費が高いまま、挙句の果てには値引きできない端末を実質0円とか表記している。そんなことしなくていいから通信費の定価下げしろよって!!

SIMは自分にあったプランを契約し、端末は自分で調達する。これが本来のケータイ&スマホの買い方がなんです。それでも機械が苦手、どれがいいのか分からないとうのであればMVNOの端末セットを選べばいいんですから。

管理人
面倒なようで結構楽しかったりするスマホ選び...どうぞご参考までー

-格安SIMの基礎知識
-, , ,

Copyright© シムモビ , 2017 All Rights Reserved.